nicoる福岡市中央区薬院1-15-5-1F
nico hair&make tel.092-781-1173

http://nico-hair.com/
http://www.nico-hair.com/kids/

福岡市中央区薬院の美容室nicoです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
    
夏の始まり 18:32
0
    だんだんと夏めいてきましたね。

    夏にしたいこと、たくさんあります。

    海に、キャンプに、山登り。


    そして、なんといっても夏フェス!

    ちょっと前の話ですが、第一弾として「CIRCLE'15」に行ってきました!



    行きのバスから、テンション高めの私たち。

    夏フェスと言えば、「暑い」が付きものなのに、この日は極寒!



    マーシーもあまりの寒さにテントの入れ物で暖を取る始末。

    アテに、と持ってきたキュウリもすすまない、すすまない。



    しかし、さすが福岡のオシャレイベントCIRCLE!

    ファッションチェックをさりげにしていましが、オシャレな人が多かったなー。

    公式サイトにたくさん写真がアップされていたので、気になる人はチェーック

    そして、子連れのお客さんも多かったです。

    キッズルームをご利用いただいているオシャレなご家族にもたくさん会いました!


    ライブが始まれば寒さを感じることなく、盛り上がりました!






    不思議な世界感を持つキセル
    とろけるハーモニーに酔いました。





    奥田民生率いるサンフジンズは、大事な手術の時に着るとっておきという手術着でのライブ。





    細野晴臣さんはバンドメンバーにSAKEROCKの伊藤大地さんがいたことから、「SAKEROCKの解散やめてよ〜」と一言。
    激しく大賛成です!!!




    盛り上げ上手のレキシ
    みんな手を大きく振って、大盛り上がり!!




    ペトロールズはサブステージにも、関わらずぎゅうぎゅう満員で、ちーちゃんと一緒にメロメロになりました!




    そして、夕闇に包まれる中のEGO-WRAPPIN'会場のボルテージもMAX!

    スーパーマンのロゴのついた真っ青な衣装が目を惹きかわいかったなー。
    ラストのこの一曲がとても染みました。


    早く梅雨があけないかな。

    楽しいことたくさんしたいな。




    まずはkentarow のLIVE!!

    福岡のGReen Roomや、nico卒のスタッフ まいちゃんのお店 quilthair(熊本) でもLIVEがあります!

    一緒に盛り上がりましょう!!

    SANAE
    | SANAE | comments(0) | - | posted by nicohair1173
    ノクターン 10:40
    0
      先日、山口まで演劇を観に行きました。



      富良野GROUPという 倉本聰さんが率いる劇団。
      友だちがここで音響を担当しているのです。


      前の日から周南入り。

      富良野でお世話になったなべちゃんと、カンパーイ!




      演劇の舞台裏とか、陰で支える裏方のお仕事とかいろいろ聞けて楽しい夜でした。



      翌日は公演前に動物園へ。

      雨だったせいか、貸し切り状態の動物園。笑




      キリンが3頭もいました。
      なかなか出てきてくれなかったけど…

      去年生まれたという、こどもキリンがかわいかったな。



      さて、いよいよノクターンへ。

      東日本大震災のあと、原発事故避難区域となった、ある彫刻家のアトリエが舞台。



      震災で娘2人を亡くした男、同僚を亡くした新聞記者、女性彫刻家とその妹。

      壊れた彫刻のピエロが、その場所が時が止まったままだったことを物語る。
      やがて、その室内にそれぞれの思いが浮かび上がる。



      大震災のこと、原発のことを改めて考えさせられる心に響く公演でした。

      倉本聰さんは、震災後何度も福島に足を運び、被災者と交流されています。
      だからひとつひとつのセリフに重みがあります。



      大切な人を失った悲しみ。
      ふるさとを失った悲しみ。
      農産物や海産物の風評被害。
      汚染水や廃炉の問題。


      日本があの日を忘れかけている。
      わたし自身も忘れかけていた。


      でもまだ福島の苦悩は続いている。

      公演の中で印象に残ったセリフ。

      「今の豊かさを享受してる奴らに、反原発なんて云う資格あるんですか?」


      ずしっときました…




      劇中、効果的に流れるショパンの「夜想曲(ノクターン)第20番」も効果的でより涙を誘いました。


      3.11を前にもう一度見つめ直さねば、と思った素晴らしい公演でした。


      終わったあと倉本聰さんに、サインいただいちゃいました。



      とりあえず自分にできることから。
      節電を心がけ、早寝早起きをします。


      SANAE







      | SANAE | comments(0) | - | posted by nicohair1173
      系図 17:10
      0
        りょうちゃんとしゅんちゃんの、かわいい赤ちゃん。
        きくちゃん。





        親から命をもらい、新たな命をうむ。

        一人では生まれない。

        一人では生きていけない。


        誰かとつながっている。
        すごく実感することの多いできごとが続きます。

        私の弟にもこどもが生まれました。



        血が繋がってるとなると、また感動もひとしおです。


        先日行った、百年蔵でのキセルのライブ。


        兄弟デュオのキセル



        息のあったハモり。

        音が溶け合い、体にゆっくり染み込み、そして馴染んでいく。

        ライブだけど、目を閉じて聞きたくなる心地のよい時間でした。


        百年蔵の空間も、味わい深くてよかったです。






        帰りにMANOMAで一杯。



        キセルの音楽とカレーの薫りとセンスのいい古本のセレクト。

        ふわふわとした不思議な時間を過ごせた一日でした。

        MANOMA(マノマ)
        福岡市博多区御供所町5-28
        (2月はお店閉めるそうです)

        キセルの歌う、系図。
        元は高田渉さんという往年のフォークシンガーの歌です。
        キセルの動画はなかったのですが、名曲なのでぜひ聞いてみてください。


        こちらも大好きなうたです。


        nico卒業のまいちゃん。
        これからもステキな出会い、つながりがありますように。

        nicoは 林田麻衣を応援しています

        SANAE






        | SANAE | comments(0) | - | posted by nicohair1173
        羊をめぐる冒険 下 13:52
        0
          北海道旅行 後半です。


          富良野から場所を移して札幌へ。

          北海道って面積で言えば九州二つ分。

          富良野がちょうど中央にあたり 北海道のへそと言われています。

          「北の国から」でも へそ祭り と言うお祭りが出てきたのを覚えている人がいるかもしれません。



          札幌まではバスで2時間半くらいかな。

          ほんとに広いな。北海道。

          札幌では、セレクトショップ『SOUTH2 WEST8(サウスツーウエストエイト)』へ。



          スタッフのジロー愛用のリュックやりょうちゃんのマザーズバッグもここのブランドです。

          店名は所在地でもある「南2条西8丁目」からネーミングされたそう。知らなかった!!


          丈夫で飽きのこないデザインがとてもステキです。




          店内もおしゃれでかっこよかったな〜。

          SOUTH2 WEST8
          北海道札幌市中央区南2条西8丁目2-1



          こちらの店長さんのオススメしてもらった スープカレーやさんへ。


          Curry Di SAVoY(カリー ディ サボイ)

          古いビルの地下にあるお店。
          カレーやというよりも、喫茶店のような雰囲気です。


          多くの野菜やらスパイスやらなんやらを、煮出して漉してを48時間繰り返すそうです。



          注文したのは、スペアリブのカレー
          野菜もたくさんのっているのがうれしい。


          薫りが強く刺激的な味わいでした。


          でも、いつも思うのですがスープカレーって、ごはん食べるタイミング難しくないですか?


          Curry Di SAVoY
          札幌市中央区南1条西5丁目7



          札幌の雪道を歩いていると現れる建築物。


          北海道庁旧本庁舎



          「赤れんが庁舎」の愛称でも知られています。
          明治からの建物。火災にあって修復もされていますが、歴史を感じる趣深い建物でした。



          さらに南下して、こちらまでやってきました。


          昭和新山



          むかし社会の教科書でみたな〜。

          有珠山(うすざん)という近くの山が噴火したことで畑が隆起して出来た奇跡の山!
          鉄道が破壊されるほどの大規模な地殻変動が発生したとか。


          地中の粘土が熱で焼きつき、赤褐色の山。緑がまったくないです。
          ちなみに天然記念物らしいですよ。



          洞爺湖



          数年前にサミットがあった場所です。

          夏場はキャンプをしにくる方で大賑わいだそう。
          まわりは33キロ。

          真ん中には島があります。


          この日は風が穏やかで、水面に映る景色がきれいでした。


          九州とはまた全然違う広大な景色を楽しむことができました。


          冬の北海道ばかりだけど、夏も行ってみたいな。
          といつも思いますが、冬にばかり行ってしまうスキー馬鹿な私です。


          SANAE


          | SANAE | comments(0) | - | posted by nicohair1173
          羊をめぐる冒険 上 17:15
          0
            いざなわれるように辿り着いたその街は変わらぬ空気で迎えてくれた。

            透明で香りがなく静けさに満ちた街。

            ドラマ「北の国から」でお馴染みの 富良野という街だ。

            縁があって、この街に少しだけ住んだことがある。
            その時に出会った人たちに会いたくて再びこの街を訪れた。


            小説風に始めてみました、今年は色んなことにチャレンジするつもりのさなえです。


            正月は福岡でも大雪でしたね。
            飛行機が飛ぶかとヒヤヒヤしましたが到着してみると、北海道はおだやかでした。





            富良野のパウダースノーは変わらず最高でございました。




            大好きな友達にも会えました。


            ひょいと簡単に行ける場所ではありませんが、オススメスポットも紹介しますね。


            唯我独尊のカレー


            スキー場よりの山の独尊と街の独尊があります。
            もちろん私は山の独尊へ。

            写真がないので、言葉だけでお許しください。


            扉を開けるとスパイスの香り。

            味わい深い階段を上がるとテーブル席と広い座敷にわかれます。

            適度に照明の落とされた暖かい落ち着く室内。
            昔はペンションをされてて、ここは談話室にあたるとのこと。

            笑顔が素敵で気さくなオーナーが説明してくださいました。



            さて、肝心のカレー。
            わたしはソーセージとベーコンのカレードリアを注文。
            ソーセージもベーコンもこちらで作ってるそうです。


            スキーで存分に遊んだ、はらぺこを充分に満たしてくれました。
            大変美味しゅうございました。

            山の独尊
            富良野市北の峰町20-29


            また別の日は富良野 ダイニングバーAJITO


            富良野のパウダースノーは外国の方にも人気。
            特に季節が逆転しているニュージーランドやオーストラリアからのお客様が多いのです。

            この日のAJITOも外国人がほとんど。
            みなさま英語なので、ここが日本かどうかわからなくなります。







            AJITO
            富良野市北の峰町13-13

            北海道の人って人情味に溢れているけど、馴れ馴れしすぎず、心地よい距離感で接してくれるのです。

            何度行ってもまた行きたいなー、と思える場所です。



            初詣もこちらで


            富良野神社
            写真は夜なので撮れず…拝借しております。

            こちらのお守りをつけてると、絶対事故らない、とトラック運転手の友だちが言ってました。
            雪の中のお参りも気持ちが引き締まりよいものですね。



            今回の旅のお供に選んだ本。

            村上春樹さん 「羊をめぐる冒険」

            北海道が舞台だから選んだのですが、そーいえば今年はひつじ年。

            すごくしっくりくる一冊でした。
            こちらも、オススメです。


            長くなりそうなので、後半は次回に。

            SANAE
















            | SANAE | comments(0) | - | posted by nicohair1173
            << | 2/3 | >>