nicoる福岡市中央区薬院1-15-5-1F
nico hair&make tel.092-781-1173

http://nico-hair.com/
http://www.nico-hair.com/kids/

福岡市中央区薬院の美容室nicoです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
    
ノクターン 10:40
0
    先日、山口まで演劇を観に行きました。



    富良野GROUPという 倉本聰さんが率いる劇団。
    友だちがここで音響を担当しているのです。


    前の日から周南入り。

    富良野でお世話になったなべちゃんと、カンパーイ!




    演劇の舞台裏とか、陰で支える裏方のお仕事とかいろいろ聞けて楽しい夜でした。



    翌日は公演前に動物園へ。

    雨だったせいか、貸し切り状態の動物園。笑




    キリンが3頭もいました。
    なかなか出てきてくれなかったけど…

    去年生まれたという、こどもキリンがかわいかったな。



    さて、いよいよノクターンへ。

    東日本大震災のあと、原発事故避難区域となった、ある彫刻家のアトリエが舞台。



    震災で娘2人を亡くした男、同僚を亡くした新聞記者、女性彫刻家とその妹。

    壊れた彫刻のピエロが、その場所が時が止まったままだったことを物語る。
    やがて、その室内にそれぞれの思いが浮かび上がる。



    大震災のこと、原発のことを改めて考えさせられる心に響く公演でした。

    倉本聰さんは、震災後何度も福島に足を運び、被災者と交流されています。
    だからひとつひとつのセリフに重みがあります。



    大切な人を失った悲しみ。
    ふるさとを失った悲しみ。
    農産物や海産物の風評被害。
    汚染水や廃炉の問題。


    日本があの日を忘れかけている。
    わたし自身も忘れかけていた。


    でもまだ福島の苦悩は続いている。

    公演の中で印象に残ったセリフ。

    「今の豊かさを享受してる奴らに、反原発なんて云う資格あるんですか?」


    ずしっときました…




    劇中、効果的に流れるショパンの「夜想曲(ノクターン)第20番」も効果的でより涙を誘いました。


    3.11を前にもう一度見つめ直さねば、と思った素晴らしい公演でした。


    終わったあと倉本聰さんに、サインいただいちゃいました。



    とりあえず自分にできることから。
    節電を心がけ、早寝早起きをします。


    SANAE







    | SANAE | comments(0) | - | posted by nicohair1173
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>